最新の医療事務 資格

医療事務の資格について

医療事務とは、病院において、患者さんの保険証を確認し、医師の処方したカルテから診療報酬明細書(レセプト)を作成し、実際の医療費を受け取る事務の仕事です。
医療事務の資格は国家資格ではなく、各団体が主催するものが10種類以上もあります。
それぞれに特徴があり難易度も様々です。
診療報酬請求事務能力認定試験は唯一の国家認定資格で、医療保険制度から診療報酬、医学知識など幅広い知識が求められ、合格率も30%前後と難易度が高いものです。
医科医療事務管理士(R)技能認定試験は、技能認定振興協会が主催しているもので、医療制度や診療報酬、医学知識と幅広く、レセプトの実技があるのが特徴です。
しかし、通信教育の講座を受講している人は在宅試験ができるため、人気で、まずこれから取得する方が多いようです。
この他にもメディカルクラーク検定のように診療報酬事務以外にも院内業務や受付業務も身につけている証明になるものもあります。
この試験は通信講座を受講し受験資格を満たす必要があります。
いずれを選択するかは、どのようなタイプの仕事に就きたいかによります。

Copyright(c) 医療事務 資格 . All Rights Reserved.